任意整理のデメリットとは?※賢く借金を減額するポイントまとめ

任意整理のデメリットとは?※賢く借金を減額するポイントまとめ

任意整理のデメリットとは?※賢く借金を減額するポイントまとめ

任意整理をすることで、今よりもよりよい条件で支払いが可能になるように債権者と合意する手続きです。自己破産や個人再生と比べると比較的手続きが簡単です。
任意整理は、他の債務整理と比べるとデメリットが少ないため、一番行いやすい方法でもあります。任意整理のデメリットとして代表的なものにブラックリストに載ることがあります。ブラックリストに載るということは、信用情報機関に載ることを指すため、以後5年程度は新規の借り入れやローンが組めず、新たにクレジットカードを作ることもできなくなります。各信用情報機関によって期間は異なりますが、一般的に7年程度は、任意整理したことがわかるようになっています。ただし、信用情報は、貸金業者の管理しているリストのため、家族や友人に借金していたことや任意していたことを知られることにはならないです。そのため、新たに借金がしづらくなるぐらいでそれほど生活に影響はないです。
考え方によっては、ブラックリストに載ることで、新たな借金を作ることができなくなるため、借金に苦しむ生活を送らなくて済むとも考えられます。
また、任意整理は、裁判所を通さずにできるため、自己破産や個人再生手続きのように強制力がないため、債務を減額させる効果が高くないというデメリットがあります。
最近では、業者によって任意整理に応じない場合が増えているため、依頼する専門家は、借金問題に強いところを選ぶ方が安心できます。