《任意整理》完済後の生活は元通り?※その後の影響について

《任意整理》完済後の生活は元通り?※その後の影響について

《任意整理》完済後の生活は元通り?※その後の影響について

任意整理を行う場合、債権者と和解した時点でどれぐらいのお金を何回払いで返済するのかということが決まります。もし、スケジュール通り、お金を払えばそれで完済ということになり、債務はなくなります。
では、完済後はどういった変化があるのでしょうか。まず、再びクレジットカードを作れる可能性が出てきます。というのは、信用情報機関のデータが書き換わるからです。任意整理の最中だと、クレジットカード会社の審査担当者が信用情報を見た場合、債務があって、返済に遅れている状況であるというデータが書かれています。一般的に、債務の返済が遅れている人にクレジットカードを発行する会社はないので、この状況で申し込んでも審査に落ちる可能性が高いわけです。
しかし、任意整理をして完済すれば、返済が遅れているという情報は消えるので、クレジットカードの審査に通る可能性が高くなるわけです。また、任意整理の場合、裁判所に対して手続きをするということがないので、記録がずっと残るということがありません。なので、完済後に信用情報機関からデータが削除されれば、クレジットカード会社の審査担当者に、任意整理をしたということはわからなくなるわけです。そのため、任意整理を行ったという事実が問題になってクレジットカードの審査に通らないということはありません。
ただ、完済後にすぐに情報が消えるわけではないので、完済したからと言ってすぐに申し込んで通るかはわかりません。